2021.4/17(土)~6/20(日)

企画展
ぎをん齋藤コレクション

布の道標

–古裂に宿る技と美–

 創業178年を迎える京呉服の老舗「ぎをん齋藤」の7代目当主・齋藤貞一郎氏のコレクションから、正倉院裂の「唐花文錦」をはじめ東洋染織史を概観できる染織芸術品の数々を紹介します。

唐花文錦(部分) 奈良時代(8世紀) ぎをん齋藤蔵

唐花文錦(部分) 奈良時代(8世紀)
ぎをん齋藤蔵

6/26(土)~9/5(日)

新・石水博物館
開館10周年記念特別展

重要文化財・
佐藤家文書の世界

–動乱の時代を生きる–

 佐藤氏は本拠の陸奥国(福島県)を離れ、全国を転戦の末に伊勢国(三重県)に移住しました。本展では佐藤家伝来の古文書、佐藤氏最古の系図(ともに重要文化財、館蔵)を一堂に展示し、動乱の中世社会を生きた佐藤一族の奮戦の軌跡をたどります。

北畠顕能袖判御教書(佐藤家文書のうち) 正平6年(1351) 館蔵

北畠顕能袖判御教書(佐藤家文書のうち)
正平6年(1351) 館蔵

 

9/11(土)~12/5(日)

新・石水博物館
開館10周年記念特別展

千歳山主・川喜田半泥子

–名品と歩んだ10年–

 千歳山に移転してからの石水博物館は、常に半泥子の作品とともにありました。本展では、館蔵の半泥子の代表作に加え、新収蔵・新寄託の作品を全館(第1・第2展示室)に展示します。

千歳山と半泥子図・赤絵香合 銘 仏法僧 いずれも館蔵(藤田等風コレクション)

千歳山と半泥子図・赤絵香合 銘 仏法僧
いずれも館蔵(藤田等風コレクション)

 

12/11(土)~2022.2/13(日)

企画展

五黄の寅

–虎の美術とエトセトラ
(干支 ,c'est 寅)–

 令和4年は36年に一度しか訪れない、五黄の寅年です。この年に生まれた人は大変強運であるといいます。本展は川喜田半泥子が五黄の寅の年に生まれたことを記念し、虎と干支に関わる美術を展示します。

虎図(部分) 木村探元筆 館蔵

虎図(部分) 木村探元筆 館蔵

 

2/19(土)~4/17(日)

企画展

齋藤拙堂

–齋藤正和コレクション受贈記念–

 齋藤拙堂は江戸時代末期に津を拠点として活躍した漢学者で、津藩藩校有造館の督学としてもその名を知られています。本展は、齋藤拙堂の玄孫に当たる齋藤正和氏のコレクション受贈を記念し、拙堂の書画をはじめ交流のあった文人たちの作品を展示します。

豊臣秀吉書状(重要美術品) 桃山時代 館蔵

齋藤拙堂

 
  • 標準
  • 拡大
ページのトップへ戻る

公益財団法人 石水博物館

〒514-0821 三重県津市垂水3032番地18

Copyright © 2011 Sekisui Museum All Rights Reserved.