開催中の展覧会

館蔵名品展 書と墨画の美

 石水博物館の創設者・川喜田半泥子(1878.11.6~1963.10.25)は、秋に生まれ、秋にこの世を去りました。趣味の陶芸家として知られる半泥子は、自作の工芸作品に自ら銘を付けていますが、中でも秋に因んだものが最も多く見られます。また彼が描く俳画も秋の情景を題材としたものが多く、初秋から晩秋へと移りゆく季節を捉え、日常を活写しています。

 本展では、半泥子も愛でた自邸千歳山荘の木々の色づきとともに、「秋」をテーマとする半泥子の作品の数々をお楽しみいただきます。

主な展示作品

黒筒茶碗 銘 すず虫 個人蔵

赤絵茶碗 銘 小倉山 個人蔵

焼締茶碗 銘 さび柿 館蔵

灰釉茶碗 銘 どん栗 個人蔵

(左)秋茄子図 館蔵
(中)寒牡丹図 館蔵
(右)竹尺八掛花入 銘 みのむし 館蔵

栗図 館蔵(藤田等風コレクション)

※すべて川喜田半泥子作

PDF

展示目録は
こちらから
(663KB)

関連行事

記念講演会

■講  師:河野 元昭氏(静嘉堂文庫美術館館長)

■日  時:令和元年10月19日(土)

■会  場:三重県立美術館 講堂(津市大谷町11)

■申込方法:石水博物館まで電話にて(電話:059-227-5677)

■定  員:申込先着150名様 ※聴講無料

呈茶席

■日時:11月30日(土)、12月1日(日) 10:00~16:00

■会場:石水博物館 2階多目的室

■定員:先着30名様(事前申込不要)

■料金:500円(消費税込み、別途、入館料が必要です。)

※立礼席ですから、お気軽にご参加ください。

ギャラリートーク

担当学芸員が展覧会をご案内します。

■日時:9月23日(月・祝)、10月4日(金)、11月24日(日)

    各日14時より30分程度

※申し込みは不要。当日14時までに石水博物館受付前へお越しください。

※参加費は無料ですが、当日の入館料が必要です。

  • 標準
  • 拡大
ページのトップへ戻る

公益財団法人 石水博物館

〒514-0821 三重県津市垂水3032番地18

Copyright © 2011 Sekisui Museum All Rights Reserved.